島根県で地域おこし

島根県で音楽を用いた地域おこしを行っています。

なぜ地域おこしに携わろうかと思ったかというと、フィリピンにて国際協力の現場で働いていた時に日本での地域おこしとの類似性を感じたため帰国後は地方のことに関われたらいいいなと考えていました。

そしてインターネットで検索をしていると音楽の町、島根県川本町が出てきました。

父方の祖父母が島根県安来市の出身であることも島根とのご縁なのかもしれませんね。

私が今暮らしている島根県邑智郡川本町は人口が約3,200人、中国地方最大の河川である江の川(ごうのかわ)が流れています。石見銀山がすぐ近くにあったため江戸時代は幕府が治める天領でした。古くから江の川の水運の中継地だったため大変栄えていたそうです。中世から始まった、たたら製鉄(ジブリ映画「もののけ姫」にも出てきます)には欠かせない天秤ふいごの発明者がこの川本町に居たとされる碑が町内の弓市八幡宮の境内に残っています。

昭和に入ってからは周囲の町村を含めた郡の中心となる郡都として栄えていました。川本町は平成の大合併でも合併を行いませんでした。そして江津⇔三次間を結んでいたJR三江線が2018年3月31日に廃線となりました。

音楽の町の由縁は昭和40年代と昭和60年代に川本高校(現 島根中央高校)が全日本吹奏楽コンクール全国大会で金賞を受賞したことからです。それによって町には客席1,000人収容ができる立派なコンサートホールが建てられていますが残念ながら過疎化により音楽あふれる町という雰囲気は今はありません。これから少しづつ地域に根付いた音楽文化を育んでいきたいと思い川本町の歴史、文化、自然を主題とした音楽を公募する吹奏楽作曲コンクールを企画しました。審査委員長には作曲家の朴守賢(ぱくすひょん)さんにお願いをして川本町にある川本中学校、島根中央高校の吹奏楽部の部員も審査員として参加する町中を巻き込んだ音楽企画として開催しました。

「吹奏楽作曲コンクール」の受賞作品

1位~3位、学生が選んだ学生賞の作品を視聴できます

第1位 

水山想古譚-吹奏楽のために

“MISENSOU-KOTAN” for Wind Orchestra

作曲者 矢藤 学

第2位 

「湯谷に生きる」

作曲者 長門 佑紀

第3位 

燃ゆる思ひ Mirage

作曲者 萩原 友輔

学生賞

Live in harmony with nature ~温泉の町

作曲者 渡部 学

その他

川本町産の食材を使ってオリジナル・ビールの開発を行っています。2021年4月完成予定

たたら製鉄を行う、たたら場があったお寺
カフェ・オレンジ。地域おこし協力隊の方が運営されています。
廃線となったJR三江線の石見川本駅。駅舎は残っています。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。