マーラーの厳格さ

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

クラシック音楽の作曲家グスタフ・マーラーの交響曲第5番が大学のオーケストラ定期演奏会の曲目でした。マーラーの楽譜にはこと細かくドイツ語て指示が書かれている。マーラーの表現したい音楽が楽譜に詰まっていた。

トランペットのソロから始まる交響曲第5番。マーラーが生まれたチェコの地域には軍隊の駐屯地があり、信号ラッパの音が時の節目に鳴り響き、幼いマーラーはその情景が記憶に残っているためマーラーの交響曲の中にはファンファーレのようなフレーズが多く現れるのです。

いい音楽だったなあ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。