フィリピンの吹奏楽事情②(マニラ編)

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

マニラからバスで2時間、ブラカンという地域のサンタマリアという町へやってきました。神々しい名前の町です。名前の通りマリア様のいる大きな教会がありました。そして2月4日はサンタマリアのお祭りの日でした。

リハーサルを今回お世話になるBanda31の指揮者のNoel(ノエル)さんの家の駐車場で行ない、コンサート会場の町の広場に歩いて向かいました。
Banda31とは1931年に設立した町のバンドです。
他にも町のバンドが4つ参加していました。

そしてコンサートが始まりました。
日本の作曲家、星出さんの丘の上のレイラも演奏されていました。まさかフィリピンで聞くことができるとは。驚きました。ヴェニスの謝肉祭のトランペットソロなどレベルの高いものが続きました。これは日本人が聴いても楽しめるものだなと感じました。また来年も参加したいと思います。もしも興味がある方はご一緒いたしましょう。

151381

サンタマリア教会

151380

教会のライトアップ

151419

banda31 町の吹奏楽団

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。