ひとりの時間は考える時間を与えてくれる

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

魚釣りをしていて魚が釣れないのは魚が考える時間をくれているという、中国の言い伝えがある。

ひとりというのは自分しかいないので自分を省みるにはとてもいい。フィリピン・セブ島での演奏活動から日本に戻ってから色々と考える時間が必要になって帰国後に千里中央のUR住宅でひとり暮らしを始めました。

ひとりになるとゆっくりと様々なことを考える時間を作ることができました。実家の少し煩わしい事からも離れることで考えることができました。

いつの日か姉とはいがみ合う関係になってしまっていて、様々な理由があるのだが離れるのもひとつの解決法なのかもしれないと思いました。

このひとり暮らしはたったの7ヶ月で終わってしまいます。そしてフィリピンへ行くことに決めるのでした。大学の職場に退職届を出して本当は9月退社を希望で出したが10月いっぱいは居てほしいと言われたのでそれを受け入れて退職届が受理されました。

音楽教室の講師なども誰かに引継ぎをしないといけなかったのですが、コレに関してはこの子に譲って引き継ぎたいというのがあったのですぐに決まりました。

さあ次からフィリピンに舞台を移しますよ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。