迷って、悩んで、考えて。

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

定期演奏会でオルフのカルミナ・ブラーナに取り組みました。低音楽器のDの印象的な音から音楽が始まるのですが、カルミナ・ブラーナの中の音楽は人々の生活や恋などを題材にしている、俗っぽい音楽です。人々の生きた証拠がいきいきと音楽に表れるのが魅力の1つです。

この頃は進路にも悩んでいる時期でした。音楽大学を目指すのか、音楽大学でも演奏学科か音楽学を学ぶか迷っていました。英語に興味があったので英文科、国際関係か。寿司職人もなりたかったなで調理師学校か。色んなことを考えていました。トロンボーンの個人レッスンを受けていましたが迷いが深くて中断しました。結局進路をちゃんと決めたのは高校3年の9月でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。