春風と別れのとき

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

卒業式の卒業生の入退場の演奏は吹奏楽部の役割でした。この時はエルガーの威風堂々第1番、スピッツのチェリーだったかと思います。

威風堂々はアレグロの部分は難しいですねー。練習がホントに大変でしたがとても楽しかったです。お世話になった3年生とのお別れの時でもありました。

そして春休みにある吹奏楽祭の練習も同時進行で進められました。酒井格さんのたなばたに取り組みました。この曲はとても綺麗なメロディーがある素敵な曲なのですがコレまた難しかったですが思い出の曲の一つとなっています。

そして中学二年生へと進みます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。