入試まであと3ヶ月

こんにちは、永田です。(@ trombonemusic11)

新しく習い始めた先生はオペラハウス管弦楽団のトロンボーン奏者で最初のレッスンはオペラハウスの楽屋でありました。たしか最初にGdurのスケールを吹いてと言われて、曲に入った気がします。

その次からは先生の自宅でのレッスンになりました。

入試まで3ヶ月だったので、曲を必死で練習する毎日でした。私は課題曲がとても好きでした。バロック時代の作曲家マルチェロのソナタだったのですが、明るく元気の出る曲でした。

入試のひと月前から部活の時間の1時間を課題曲の練習する時間にさせてもらいパートのみんなと別で練習していました。私が毎日練習するのを後輩たちも聞いていて、みんなこの課題曲が好きになっていき、応援してくれました。

バロック時代の音楽は宮廷の貴族が楽しむためのものでしたが、音楽は生き生きとしたものが多くて、奏者に委ねられている即興的な部分も多くて自由な雰囲気があった時代でもありました。

周りのみんなに応援してもらって入試をむかえました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。